トラウマ解消気功

幼少期のトラウマを解消し、
より生きやすい日々を手に入れましょう

GUM01_PH03027-2

トラウマとは?

「トラウマ」は日本語で「心的外傷」のことです。災害や事故、身近な人の死、虐待、DV、性的被害など、突然激しいストレスに晒されたことによって、精神的失調を生じることです。特に、幼少期に起きた事象により、成人になってもその時の感情が突然襲ってくることがあります。これが「心的外傷後ストレス症候群(PTSD:Post-traumatic Stress Disorder)」です。

トラウマの症状(子どもの場合)

1)突然不安になったり、興奮しだしたりします。
2)突然、現実にないようなことを言い出します。
3)必要以上に怯えたり、敏感に反応したりします。
4)落ち着きがなくなり、集中力を欠きます。
5)表情が乏しく、ぼーっとした状態になります。
6)引きこもってしまい、周りとの関わりを持たなくなります。
7)不眠が続きます。
8)繰り返し恐ろしい夢を見ます。
9)著しい赤ちゃん返りを起こすことがあります。
10)「自分のせいだ」「自分が悪いからこうなった」と自分を責めはじめます。
11)頭痛や腹痛、吐き気、めまいなどの身体の症状を訴えます。
12)身体の一部が動かなくなったり、意識がなくなって倒れたりします。

出典:小学館の「家庭の医学」より抜粋、加筆

トラウマ解消気功とは?

頭部に「気」を作用させることによって、原体験の記憶と感情に働きかけ、短期間でトラウマを軽減、または消滅させます。特に子どもの場合はトラウマができてから間もないこともあり、その時の恐怖感や悲しみの感情が浅く、消しやすいという臨床例もあり、早期の対応が有効です。
また、施術の際はその時の体験や状況を思い浮かべてもらうだけで、話したり説明したりする必要はありません。話すことで苦痛を味わうこともなく、プライバシーを守ることができます。

気功治療の料金はこちら