保育メンタルアドバイザー養成講座

保育カウンセリングを学び保育と心理のプロに
保育士や子育て支援者を対象とした講座です

PHM20_0072-2

概要

子どもの発達やメンタルヘルスサポートの必要性を学び、保育の現場で活かせる、保育カウンセリング力を身につけます。育児支援を行うための意識と心を育て、行動できるようになるための講座です。

受講形式 講座形式。3名まで同時受講可能
回数 1回120分 月1回 全12回
受講料 5,000円/回/1名
講師 九州AST気功クリニック 心理カウンセラー 三浦佑子

対象
保育士または幼稚園教諭(8年以上の経験者、もしくは30歳以上)
地域の子育て支援者および、子育て支援に関心のある方(40歳以上)

講座内容・テーマ

 1  保育メンタルアドバイザーの必要性とその立場について
2 子どもの発達について
3  支援者としての自己理解について
4 保育者および子育て支援者のメンタルヘルスサポート
5 保育カウンセリングにおける基本的な考え
6 保育とカウンセリングの実際  ①「心の教育」を重点に
7 保育とカウンセリングの実際  ②「困った行動」へのアプローチ
8  保育とカウンセリングの実際 ③「気になる子」へのアプローチ
9  保育とカウンセリングの実際 ④「気になる親」へのアプローチ
10  保育とカウンセリングの実際 ⑤  健康的な保育環境を目指す
11  保育メンタルアドバイザーの倫理について
12  これまでの振り返りとピアカウンセリング・「認定証」の授与